2015年05月29日

キャビテーションについて

キャビテーションとは?
キャビテーションとは、超音波です。
特定の周波数のミクロの振動を与えると小さな気泡が発生し、消失する現象の事をキャビテーション現象(空洞現象)と言われています。
キャビテーションを脂肪細胞に照射すると脂肪細胞やその周りの体液が振動し、キャビテーション現象の衝撃により脂肪が脂肪細胞から遊離、排出されやすいと言われてます。

EMSとは?
電気刺激のことです。
低周波治療器などピクピク動くのは、一般的によく知られていると思いますが、外部から電気的な刺激を与え、筋肉を動かす為の神経を刺激して筋肉を直接的に収縮運動させる事です。
低周波は、浅い層の筋肉を収縮運動させ、中周波は、より深い層の筋肉を収縮運動させます
当店のキャビテーションのEMSは、低・中周波の混合波になります。
ツインヘッドにする事で、電気独特の不快なピリピリ感を極限まで抑える事に成功しました。

世界初のツインヘッド、デュアルキャビテーション+EMSの同時発振技術とは?
デュアルキャビテーションとは、2種類(デュアルの意)の波長の超音波を発振させた技術です。
浅い部分の脂肪に効果的な1.5MHZの波長の超音波深部の脂肪に効果的な45KHZ波長の超音波を組み合わせて発振させています。
そして、ツインヘッド(2つのプローブ)から発振させたEMS(低周波+中周波)をデュアルキャビテーションと同時に発振させています。
このツインヘッドからデュアルキャビテーションとEMSの同時発振を可能にした技術が弊社が世界初の技術となります。

なぜ、デュアルキャビテーション+EMSの同時発振が脂肪に効果的なのか?
キャビテーションは、体外から特殊な超音波を照射することで、体内の液体分子間にキャビテーション(空洞化現象)を起こします。
キャビテーションは脂肪細胞に衝撃波として働きかけ、脂肪細胞内に貯蓄された脂肪を血中に排出しさせ、燃焼しやすい「遊離脂肪酸」に変える働きがあるといわれています。
しかし、従来のキャビテーションでは、「遊離脂肪酸」に変わった後、燃焼まで行うことが出来ず、再度「遊離脂肪酸」が脂肪細胞内に戻り、「再脂肪化」し、リバウンドさせてしまうことが危惧されていました。
脂肪を燃焼させるためには筋肉運動を行い、筋肉の「ミトコンドリア」を血中の「遊離脂肪酸」と「酸素」に着火させ燃焼させる必要があります。
当店のCaviMAXはキャビテーションとEMS(筋肉運動)を同時発振することで強制的に部分的に筋肉運動を行いますので、施術後もリバウンドしにくい効果が期待できます。

チタンヘッドの利点について
純チタンヘッドは「強くて錆びない」ことが特徴で100年以上使えるといわれる丈夫で高価な金属です。
金属の中で最もアレルギーを起こさない性質を持つ肌に優しい素材です。またチタンは光に当たると殺菌作用があり、ヘッド表面を清潔に保ちます。

LEDについて
LEDの赤は血流をよくし、細胞活性化を促し皮膚温度上昇による脂肪細胞燃焼促進が期待できます。
他機能と併用する事で相乗効果を期待する事ができます。


当店のキャビテーションは、効果的に結果を出します!
     1.キャビテーションで中性脂肪を排出
               
     2.EMSと超音波で燃焼・排出、基礎代謝の向上
               
    
 3.超音波とLED(赤)で細胞の代謝促進


(施術価格)
  お試し価格  20分(1箇所)   3240円
  通常  1 回
  20分(1箇所)   5400円
     ※お腹周り、背中、脚からお選びください。
     ※お得な回数券もございます。
   

    
posted by 店長 at 13:22| Comment(0) | メニュー一覧
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。